宿借帳

もう家なんか買わない

不動産一括査定サイトの査定価格は信用できるのか


スポンサードリンク

自宅を売却しようと考えた際、情報収集の初期行動としてインターネットは当然に活用していると思います。まずは、周辺で同じような住宅がどの程度で売りに出されているかといった相場のリサーチとして。地価公示、地価調査、路線価などの公的指標としての価格を把握するため。そして最近活用されることがおおくなったものとして一括査定サイトがあります。「不動産 一括査定」で検索すると表示されます。こういうサイトがない以前は地元の不動産屋や大手の仲介会社などの店舗に直接行って相談することが普通だったと思います。ただ、一般的に不動産業者に対するイメージはあまりよくありません。どうしても強烈な営業攻勢にあうんじゃないかという警戒感をもってしまいます。ある意味敷居が高いのが不動産屋ではないでしょうか。そこで、ネット上で簡単に物件情報と個人情報を入力するだけで価格査定をしてくれる一括査定サイトの利用が一般的になりつつあります。一括査定サイトとは、簡単にいうと不動産業者と不動産売主とのマッチングサイトのようなものです。一括査定サイトは複数の不動産屋と提携しているため、複数の不動産屋にまとめて査定を依頼することが可能になっています。また、どの不動産屋に査定してもらうかを選択することもできます。私も試してみましたが、やっぱりただでは査定してくれませんでした。不動産屋の顧客リストに掲載されたが最後、電話やメールでの営業攻勢は覚悟する必要があります。それこそ1年越しで問い合わせがあります。査定の精度はどうでしょうか。確かに、地場の不動産屋が地域の価格には最も精通しているかもしれません(正確には不動産屋というよりは営業マン次第)。ただ、正確な査定をしてくれるかは別問題です。不動産屋にしても一括査定サイトは無料でできるツールではありません。1リストにそれなりの対価を支払っている以上は媒介契約をとりにきます。先ほども話しましたが、一括査定は同時に複数の不動産屋に依頼できます。売主としては最も高い査定をしてくれたところに依頼したくなります。これはある意味当り前の話です。そこで査定する側も売れるか売れないかは二の次として、査定を頑張ってしまうかもしれません。私が試した時は、これはないだろうという業者もいましたが、それなりに妥当な査定をするところもありました。全体的にみると総じて高めな査定結果でした。しかし、無理して高い査定をしても売れないものは売れません。逆に高い価格で売りにだして、仲介市場で長期滞在物件になるのはよくありません。見ている側は「何かあるんじゃないか」「もっと下がるんじゃないか」といらぬ詮索をされてしまうからです。今は不動産のポータルサイトも情報が充実してますし、不動産の成約情報も国土交通省の「土地総合情報システム」で過去5年分の情報を閲覧することもできるようになったため、消費者サイドも相場観を持つことが可能になっています。つまりごまかすことが難しくなりつつあります。高値で出して運よく誰かが買ってくれるかもなんてことはありません。あってもそれなりに事情がある場合です。購入者の中には地域やマンションなどピンポイントで探している場合もあるので、そのような場合には相場より高くても購入にいたることがあるからです。しかし、これは例外ですし、ピンポイントで探されるような地域やマンションはそれなりに市場性と希少性があるので、高いかなというくらいの水準が妥当な価格だったりします。一括査定サイトを利用する際は、査定の丸投げだけは避けましょう。自分でも情報収集し、それなりに相場を把握したうえで依頼することが肝要です。その上で、一括査定サイトを通じて良識と実力のある営業マンに出会うことを目的にするべきです。企業規模や広告イメージだけで判断してはいけません。