宿借帳

もう家なんか買わない

民間資格はプラットフォーマーと認識して相談しよう


スポンサードリンク

不動産系の資格は他業種に比べて相当多いと思います。国家資格から民間資格まで、数百はあるんじゃないかな。国家資格は不動産という国民の貴重な財産を扱う資格だけに難易度が高いものが多いです。代表的なところでは宅地建物取引士、建築士マンション管理士土地家屋調査士不動産鑑定士といったところ。宅地建物取引士でも合格率は15%程度なので、10人受験して1~2人程度しか合格できない難関試験です。建築士土地家屋調査士不動産鑑定士となると業務独占資格なので、この資格がないと業務ができないため独立開業も可能な資格であると同時に責任も重くなっています。最近だと森友学園の不動産鑑定評価などニュースになるケースも多く、業務内容が不適切だと裁判沙汰になってしまいます。民間資格はどうでしょうか。不動産関連も含めると相当な数があります。不動産カウンセラー、住宅ローンアドバイザー、競売不動産取扱主任者、敷金鑑定士等々業界の関係者以外は聞いたことがないような資格がたくさんあります。国家資格となると難易度が高いですが民間資格は試験も形式的なものでしかないので取得が容易なものが多いようです。不動産という高額な商品を扱う以上何らかの肩書が必要だからというのは綺麗な理由で、資格ビジネスが商売として旨味があるから活況を呈しているというところが正解なんだと思います。日本人の資格好きという国民性と合致しているのでしょう。受験料で数万円、毎年の更新料で数万円、定期講習会で数万円といった具合にチャリンチャリンとやられてしまうわけですね。正直にいうと、資格については独占業務がないものについては単なる自己満足の類でしかありません。別にその資格がなくても商売ができるからです。規制こそが資格の旨味だからです。合格しないとその市場に参入できないという参入障壁こそが資格を取得する意味なんですね。だからか、資格業の人は営業がうまくない人が多い感じがします。また、業務の効率化に疎い人も多いですね。そんな努力をしなくても商売が成り立つからでしょう。これも問題なような気がしますが。では、皆さんが1消費者として民間資格者とどう向き合えばよいのか。民間資格者は国家資格者よりもビジネスセンスや営業力は高いと思います。資格そのものを営業ツールとして捉えているからです。アンテナを張っている分、ネットワークも強い感じがします。ですので、これら民間資格者を情報が集まるプラットフォームと位置付けて活用するのがいいのかもしれません。民間資格という一つの窓口で、多岐にまたがる不動産の課題を解決する各分野の専門家を紹介してくれるでしょう。もちろん手数料は発生しますが時間を浪費する機会損失は免れるかもしれませんね。